忍者ブログ
「多数のわらじ」を履いている?私の、ちょっとだけ息抜きさせてもらえる場所だったり
〓 Admin 〓
<< 11   2017 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [75]  [74]  [72
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・・・携帯から記事を送信してみる。

これから着物で外出します。
お祭りなんです。

でも一人(…一人外出は好きだから気にしない!)


行ってきます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰って来ました。
続きに、色々と書いてます。
宜しければご覧ください(別に危ないものは無いはずだ!!!)
・・・結構、長いですよ???

今日は『川●まつり』に足を伸ばしてきました。
ちなみに、今回着ていった着物はこちら。

DSC00428.JPGDSC00424.JPG袷の着物です。さすがに・・・。
本当は深緑色の着物にしようかと思ったのですが、
ふと思い立ってこちらに。

ネットで購入した洗える着物です。
よろけた流線とワイン色が気に入ったので購入。
日ごろ着る着物は、どうも縞々幾何学系が好きみたいです。







途中の車窓からは、まだまだ色づきは足りないものの、結構木々の色が変わってきていたりしているのが見えて、着々と秋が迫っているような・・・。


で、祭りの最寄り駅に到着。
このお祭り、国の重要無形民俗文化財に指定されているそうで、始まりは360年くらい前に遡るとか。

・・・ここで早速見せてくれました。
DSC00407.JPG
あ、歩道橋に引っかかる!!!
 DSC00409.JPG

うわ、曳き回して向きを変えた!!!
 DSC00410.JPG

はい、回転完了。









そのあと、駅前に本部?を設置している他の山車との熱い競い合い。
DSC00411.JPG
こうやって、山車が出会うと、正面を向け合って
お囃子や踊りを競うんです。
お互いの音が入り乱れる様は圧巻です。

いうなれば、無秩序のような秩序。

混沌としつつも、そこには一つの入り混じった世界があって、
競い合いながらも調和し、一つの物を生み出すようで。




しばらくこの山車を追いかけてみようと思い、歩き始めましたが、その前に
すばらしい競演を見せてくださった山車をパチリ。
DSC00414.JPG
ここの白狐の舞、すばらしかったです。
ちなみに、それぞれの山車にはご神像として人形を置いているのですが
(例外が、上で回転を見せてくれた山車のみ)
この町の人形は、徳川家康でした。

他にも町ごとに様々な人形やt山車があって、
眼福ですよ~!!
一人だと、寂しいのもあるのですが、自由に動けるので楽です。




・・・・で、さっきの山車を追いかけて、
次に出会った山車は、菅原道真の人形をご神像とした山車。
(ちなみに町名に掛けてのものらしいです。)
DSC00418.JPG
二つの山車がすれ違う瞬間です。
お互いに競い合いながらも、
共に一つの祭りを盛り上げ、良いものにしようとする
熱い心意気が感じられました。

そして、追いかけていた山車が、なんと目の前で向きを変えて・・・
DSC00420.JPG
目の前で舞をご披露!!!!

どうやら、この場所はこの山車の地元の町らしく、
私が山車を見ていた場所の直ぐ横にあったお店が
とても運営に寄与されていたようで・・・。
お礼のため『この店のためだけに』舞ったんですよ。

偶然とはいえ、いい物を見せていただきました。



それから、別の場所に行くために、一度駅に戻ろうと思ったら・・・
今度は菅原道真の山車を追いかけることに。
さらば、一本柱万度型の山車!!

そして、道真さんを追いかけながら駅に戻ると、今度は
「家康vs道真」!!!
DSC00421.JPG
←こちらが、道真さんの山車の全体像です。
そして、バトル開始!!
DSC00423.JPG
家康さんのところは
途中でモドキが狐に早代わり。
歓声が上がりました。

いや~、熱い。



それから別の場所に移動し、私の行きつけの店に行きつつ、帰ってきました。
夜も宵山で楽しませてくれたりするそうで、明るく照らされた山車は本当に美しいそうです。
(残念ながら夜までいられなかったのですが・・・)


いつもは歴史のある、穏やかで静かな街なのですが、
こういう勇壮さもこの街の顔の一つ。
行って良かった・・・。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
へー?
競い合いがお囃子や踊りってところが、なんとも平和的で安心して見ていられそうですね

陽向地方のお祭りって、どんなのがあるかなぁ??
一日中しゃもじを鳴らしながら踊りまくる。とか…。
道路に花を敷きつめる。とか…。
うーーーーん。。。

あんまり派手派手しいお祭りはないかも。
でも絶対に、必ず、どんなお祭りであっても共通点があるのです
それは…
花火を上げまくることです

ほんとに花火好き…。
来月も花火大会がありますよー。
息も白い冬の手前に花火なんて…。
いやいや~。 夏の花火とは違って、凜としててなかなか風情があるんですよ~~
毎年自宅の窓から見ています
陽向 URL 2009/10/18(Sun)17:56:46 編集
Re:へー?
>競い合いがお囃子や踊りってところが、なんとも平和的で安心して見ていられそうですね

様々な競い合い方がありますが、このお祭りではお囃子と舞で、決してお互いの山車を貶し合ったりとか、暴力沙汰になるようなことは無いらしいです。
警察が出ていても、交通整理くらいでしたね。
確かに、昔から・・・このお祭りで事件事故のニュースって、聞いたことないです。

だからでしょうか、見ていて、すごく気持ちよかったです。


>陽向地方のお祭りって、どんなのがあるかなぁ??

>あんまり派手派手しいお祭りはないかも。
>でも絶対に、必ず、どんなお祭りであっても共通点があるのです
>それは…
>花火を上げまくることです

お、冬の花火ですね?
昔「縁のある地方」で一度だけ見たことがあるのですが、
でも必ずと言っていいくらい、では無かった・・・。
(むしろ、冬は花火を作りまくるときらしいんですよね)
それに、湿度が高すぎるのか・・・あまり綺麗では無かった記憶が。
(上手く飛ばない、上手く開かない、っていうかんじです)

・・・陽向ちゃん地方は、綺麗に見えるんだろうなぁ、いいなぁ。
さー  【2009/10/18 18:35】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
花個紋時計
プロフィール
HN:
さー
性別:
女性
職業:
多数?の草鞋履き(最近少し減らしました)
趣味:
読書、音楽弾き聴き、きもの、草いじり、料理、・・・あと、かきものとか。
自己紹介:
諸般の事情から「多数の草鞋」を履くことになってしまった私です。
息抜きとして、日々のことや趣味のことも書けたら良いなと思っています。

☆名前について☆
ここでは“さー”を使っていますが、“さー坊”というのも時折使っております。
(メール送信時は、名字まで付いてます。)
どれでもお好きなものでお呼び下さいませ♪
リンク
最新コメント
[07/08 ローガン渡久地]
[01/23 ローガン渡久地]
[07/19 ローガン渡久地]
[03/06 ローガン渡久地]
[01/18 ローガン渡久地]
なんとなくメールフォーム
Copyright(c) つれづれなる日々ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]