忍者ブログ
「多数のわらじ」を履いている?私の、ちょっとだけ息抜きさせてもらえる場所だったり
〓 Admin 〓
<< 08   2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     10 >>
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [75]  [74]  [72]  [70]  [71
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※ちょっと中身が黒いです。
 ・・・いえ、ちょっとどころではなく黒いです。
 私が黒いというより、とにかく何か黒いです。

詳細は続きから書きますが・・・ご覧になるかどうかはご判断ください。
気分を害されたらごめんなさいですが、それ以上の責任は取れません。


さて、明日は、あの日まで1週間。
そう、あの日です。分かる人には、分かってしまうあの日。

あの日を前に、久々にある曲を聴いてみました。

・・・初めて聴いたのは幸か不幸か生演奏、大会のクセに会場を涙腺崩壊させた。
・・・CDで買って聴いたのはその直後、全部を通して聴けたのは片手で数えられるくらいの数だけ。

そして、演奏するから参加しないかと誘われても、首を縦に振ることは、今でも出来ない曲。
きっと練習中にドロップアウトしそうだし、本番で泣き出すこと確実だから。

今日聴いていたのは、『オーナイ』。
・・・???
パスタ???
いえいえ・・・

正確な曲のタイトルは、平仮名に直して、『ー』を『ほ』に、『い』を『ゐ』(うぃ、と入力して変換すると出るらしい)になおしたものです。
コレをやふーで叩くと、嫌って程にこの曲について語ったサイトやブログが出てきますから。
1週間後に迫る『あの日』よりも更に10年遡った、今でも忘れられない『あの日』をリアルに再現してしまった
恐ろしい(渾身すぎるくらいに渾身の)力作、とでも言うべきでしょうね。

この曲を聴く際に、気をつけなければならないことがあって・・・

①できるだけ、一人では聴かない(体験者じゃなくても鬱になる)
一度聴きだしたら、最後まで聴き切る(さもなくば鬱になる)
 →難しい場合には、取り合えず3楽章(連続している音源ならば、16分以降or18分以降)を必ず聴く。
③タオルで何でもいいので、拭けるものを用意(必要ない人もいるけれど、念のため)
精神的に優れないときは、絶対に聴かない!!

・・・ということを守らないと、大変なことになります。
癒しを求めて3楽章のみを・・・と思っても、後半で押しつぶされそうになります。
それに、本当の意味が分からない・・・かも。


私も、音楽関係をやっていたのですが(今はお休み中)、初めてたまたま聴いたのは大会です。
出身の高校が珍しく県大会を突破してブロックの大会にやってきたので、
応援のために(ob風を吹かせつつ)顔を出していたんですね。
で、たまたま一般楽団部門も同日開催だったので、副顧問の先生(体育の先生だけれど音楽にも
理解はあって、他の先生の代わりに引率で来てくれていた)に、
「一般の最初の団体、この楽団だけは、絶対に聴いて帰ってください、損は絶対無いです!!」
と直訴、荷物の搬出も終わったし時間もあったので、希望者の後輩達と残って演奏を聴くことになったんです。
曲自体は大会のために抜粋こそされていました、が・・・

・・・はい、これが間違いでした。

演奏終了後・・・
指揮者が指揮台から降りて礼をしても、拍手が、一瞬、起こらなかったんです。
その後、押し寄せる嵐のような拍手の波。
周囲を見回すと、涙腺破壊のカオスでした。
ちょっとだけお化粧をしていたであろう別の学校の女の子でしょうか、目がパンダになるのも気にせずに
泣きじゃくっていましたから。
先生も、「こんなのありかよ・・・」と言ったまま、それ以上しばらく喋れませんでした。
・・・この団体が一番最初に演奏をしてしまったためなのか、後から演奏したほかの団体は
みんな霞んでしまいました。申し訳ないのですが・・・。
(演奏レベルも半端ないのですが、曲も半端なかった・・・)

そのあとCDを取り寄せて、抜粋ではなくて全楽章を聴いたのですが、
1回聴いた後、後悔しました。
・・・鬱になってました、はい。
特に精神的に滅入っていたというわけでは無かったのに、思いっきり心は打ちのめされていました。
関西の育ての親が一時期、「あの日」に音信不通で行方不明になったことがあり、
その時のことを思い出したり、関西の友人のことや・・・
色々と思い出すには辛いことが、止めたくても頭の中で勝手に再生ボタンを押されたかのように
記憶がぼんぼんとよみがえって来てしまったんですよね(所謂フラッシュバックというものでしょうか)。


今日、そんな曲を敢えて聴いたのは、やはりいくつかある『あの日』のうちの一つが迫っているから。
あの時も、友人知人親族その他関係者・・・みんなが巻き込まれました。
思い出したくはない、けれど、忘れてはいけない。

・・・ただし、ちょっとだけズルをしました。
「●コ●コ動画」にUPされているんですよ。それを聴いたんです。
音質があまりよくないのですが、ソレが逆に救いになりました。
あと、コメントが時系列で表示されるので、「一人ではない、みんなで聴いてる」感じが若干あります。

この曲、3楽章だけ、『沖』の際の支援コンサート?で演奏されましたが、全楽章を演奏することは
直接の舞台となった場所でこそないものの、『縁のある地方』では難しいかもしれません。
関西でも、数年前に初めて、直接の被災地で初めて全楽章の演奏がされましたから。
(関西圏では、数回演奏はされているようなんですが、この曲が作られる際に深く係わった学校さん以外、
被災地での演奏ではないみたいです・・・違っていたらごめんなさい。)

以前、関西の友人と
『さ●ま・玉●のあんたの夢叶えたろかスペシャル』(正月あたりにやる『夢実現バラエティ』)で
もしも「関西でコレ演奏したい」なんていう夢が出たら、どうなるだろうね」、という話をしました・・・。
結論は結構早かったです。

「・・・無理だね。多分。」

あの番組、夢が大きければ大きいほど、実現のため『当選者』にそれなりの試練を課しているのですが、
正月のバラエティで叶うような甘い曲やないでしょうが、と。
・・・演奏するどころか、聴く段階で試練ですからね、人によっては。


・・・今年のルミナリエ、見に行きたいな・・・。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
花個紋時計
プロフィール
HN:
さー
性別:
女性
職業:
多数?の草鞋履き(最近少し減らしました)
趣味:
読書、音楽弾き聴き、きもの、草いじり、料理、・・・あと、かきものとか。
自己紹介:
諸般の事情から「多数の草鞋」を履くことになってしまった私です。
息抜きとして、日々のことや趣味のことも書けたら良いなと思っています。

☆名前について☆
ここでは“さー”を使っていますが、“さー坊”というのも時折使っております。
(メール送信時は、名字まで付いてます。)
どれでもお好きなものでお呼び下さいませ♪
リンク
最新コメント
[07/08 ローガン渡久地]
[01/23 ローガン渡久地]
[07/19 ローガン渡久地]
[03/06 ローガン渡久地]
[01/18 ローガン渡久地]
なんとなくメールフォーム
Copyright(c) つれづれなる日々ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]